治療とスキンケア

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アトピーに悩む方の数は年々増加の傾向にあるとされています。アトピーの原因特定のために、食べ物や環境にあるアレルギー物質に対する反応が湿疹を引き起こすのでアレルギー物質の特定を血液検査で行うという方法も採られます。また、生活環境の変化や食生活などを含むライフスタイルの面で昔とは変わってきたということも一因であるとされています。

アトピーはかゆみを伴う湿疹が主な症状ですが、かゆみは集中力の低下や睡眠不足にもつながるため飲み薬、ステロイドなどを用いた治療が行われます。小さな子どもの場合ですとかゆみを我慢することも難しくかゆみにまかせて掻きむしってしまうケースもあります。そうすると、特に夏場の汗をかきやすい時期などでは特に症状が悪化してしまうのです。湿疹は掻き壊してしまうことで完治するまでの時間がのびてしまいます。適切な治療、そしてスキンケアを心がけることが症状の緩和につながるのです。

アトピーの改善にとって保湿はなによりも大切となります。肌の水分を保つ機能が衰えてしまうため人よりも多く保湿をする必要があるので、特に入浴後などはタオルで水分を拭き取った直後から肌の水分は失われるためできるだけ早いタイミングでの保湿が必要です。また、保湿に使用する化粧品などにも添加剤を含むものを避けるなどの工夫が大切です。

Published by