保湿について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アトピーの改善には保湿が大切です。炎症部分には塗り薬で治療をし、乾燥部分には保湿を行うというのが基本的なケアです。明らかに炎症を起こしていたり、赤みがあってごわごわしていたり、表面に凹凸があるような箇所には塗り薬を使うべきです。かゆみはないけど粉を吹いていたり、皮脂が多く分泌されていたり、軽度の発疹の箇所などには保湿剤を使うべきであると言えます。また、見た目が乾燥していないところも保湿をすることによって予防も含めた効果的なケアを行うことができます。

アトピーの改善について保湿ケアのアイテム選びのポイントとしては、保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶということや、抗炎症、抗菌作用のあるものを選ぶ、低刺激のものを選ぶといった点に注意して選んで下さい。しっかり保湿成分が配合されているものは効果が期待できます。高保湿で肌に優しい水溶性保湿成分としてはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどが挙げられます。

また、逆に界面活性剤やパラペン、エタノールなどのアルコール成分は肌に強い刺激となることがあるので避けるようにしましょう。アトピー肌の場合ですと、敏感肌でもあると言えるので刺激の少ない保湿剤を選ぶという点には注意が必要です。無添加のものが望ましいものですが、合成界面活性剤や防腐剤のうち、ひとつでも使われていなければ無添加と表示されてしまうケースがありますので全成分表示をしっかりとチェックして選ぶようにしましょう。

Published by